いまいゆ辞典

■ 試行錯誤で完成させた「ヒトリアギャー」

沖縄の県魚であるグルクンを取る漁法として「アギャー」と呼ばれる漁法があります。
糸満発祥のこの漁法は、大人数で潜りグルクンを予め設置しておいた網に追い込んでいく漁法です。
国頭漁協では、その「アギャー」をヒントに、たった一人で行う「ヒトリアギャー」なる
漁法を開発した海人がいます。

魚の通り道に網を仕掛け、魚が網に入ると網を閉じ浮かんできた網を回収する
という漁法です。
魚の習性はもちろんの事、網の改良、色々な試行錯誤を繰り返し9年の歳月をかけ
完成させた漁法です。

現在この「ヒトリアギャー」を行っている海人は国頭漁協内で一人だけですが、
若い海人につなげて行きたい漁法です。

戻る
 | ホーム |